導入事例

Dr.Fry(ドクターフライ)導入事例



■導入先
富士そば様、山田うどん様、MEGAドン・キホーテ様、四十八漁場様 、AWkichen様、やさい家めい様、嵯峨根屋様、餃子の王将様、シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートホテル様、万葉の湯・万葉倶楽部様、懐食みちば(道場六三郎)様、 その他多数

■お客様の声
【株式会社ドン・キホーテ】様
お客様に時間がたってもサクッとして美味しいねとことをよくお聞きしますので、かなり評判が良いです。揚げ物のを売上が約5%アップしています。

【山田食品産業株式会社(山田うどん)】様
気泡が非常に泡立っている様子があって、非常にサクッとした美味しい感じ、軽い天婦羅に仕上がっています。種の入れ方であるとか天婦羅箸の使い方であるとか、コツが必要なんですが、揚げ慣れていない方でも非常に上手くサクッと仕上がるということろが大きいと思います。

【株式会社一期一会(喜久や)】様
店内がオイルミストが上がらない・匂いがつかないというところが、女性客に受けていると思います。女性の他も男性も含めて、かなりの量食べられても胸焼けしない。非常にいい意味で職人泣かせである。腕よりも非常に揚がりいい、と職人自ら言っている。チェーン店やるうえで、職人さんがいないということでなかなか天婦羅事業ができないというところが皆さん二の足を踏んでいるところが、我々はTHE職人というところは必要とせずに依存せずに安定したものができる。
重飲食エリアが少ないので出せる場所が少ないんですけど、オイルミストの上がる量が1/10で収まっていることを数値化してデベロッパーにお見せした時に通常の天ぷら屋さんとは全く違う換気工事ということで、出店もしやすい、そこもメリット。

【株式会社イートウォーク(やさい家めい)】様
12月になると売上が11月の約1.5倍になりますが、油の使用量は1割減っています。シリコーンなしの油でもDr.Fryだと全然泡立たない、品質をかなり維持するところは本当にびっくりだと思います。
今までできなかったものができるというのは非常に大きなメリットだと思います。


コスト削減 導入事例

【電気代】
10階建てビル(1階~2階が商業テナント、3階~10階オフィス)
電気代 約2,880万円/年 → 約2,448万円/年  年間約432万円 削減(約15%削減)
導入コスト ゼロ

【水道代】
居酒屋チェーン 焼き鳥店FC様
水道代 約200万円/年 → 約150万円/年 年間約50万円 削減(約25%削減)
導入費用 約19万円(約4.6か月で回収)

【印刷代(複合機)】
新聞サービスステーション様
既存複合機の残リース48カ月を入換え
印刷代 約35万8千円/年 → 約11万7千円/年 年間約24万円削減(約67.4%削減)
総合※ 約48万8千円/年 → 約38万5千円/年 年間約10万2千円削減(約21%削減)
※本体および既存本体48ヵ月分の残リース代金含む

【郵便代(レターパック)】
アミューズメント施設運営会社様
レターパック代 約1,200万円/年 → 約1,140万円/年 年間約60万円 削減(約5%削減)

その他、導入事例多数。

このページの先頭へ